ミシンは電気屋ではなく専門店で

私用でちょっと改造したいものがありミシンを検討していました。実家でちょこちょこミシンは使ってましたがさすがにマイミシンはないので、ばーちゃんにミシンを買いなよーと結婚するときにいわれてました。じゃあこの機会に購入しましょ。

知ってます?
ミシンってロードバイクみたいに買いにくいものでした。
電気屋でポンと買えるもんかと思ったら、むしろ専門店じゃないとろくなものが買えないようですし、ネットで買ってもいいけどアフターフォローとか修理相談などが大変という世界だそうです。なぬー。

ローディーのみなさんにはどこかなじみのある話では。
そして調べても何がいいのか結局具体的には分からない。

下調べしていると、2~3万くらいからミシンは買えますが、おもちゃみたいなもので使い物にならないとのこと。それなら予算8万くらいだしてパワーと重さがあるものを買った方が安定するし、扱いやすいらしい。しかし、メーカーの比較やランキングはサイトによってばらばらだし、結局は自分との相性だろうし、、そんなこんなでネットで買うのは厳しいと判断し、最寄りのミシン専門店を検索していってみることにしました。

最寄りのミシン専門店は埼玉所沢の「いせき」にあるお店。車で1時間(遠い)。世の中の相場と、ハンドメイド作家の義妹のアドバイスからきめた予算は10万や!

image

予算10万円を握りしめて「分厚いもの縫いたいんですよね、これとか(ヨガマットバック見せる)」と言った私に、快活なおばちゃん店員は、ならこれが絶対いいわよ!と即答で押ししたのがこのJUKIミシン。

一応下調べしていったものの、店頭商品とネット販売品はちょっと違うらしくて参考にならず。しかも素人がその場で良い悪いを判断することは難しいため、ロゴが気に入ってたのと縫ってみたら感じでおばちゃんのトークにのせられて即決購入。使いやすいのが一番だしね。

ミシンと言うとジャノメとかブラザーとかが有名ですが、私が手にしたJUKIは直線縫いを得意とするらしい。模様とか文字縫うならジャノメとかブラザーのがいいらしいけどね!おいらは直線が好きよ。
ちなみにその日半額セールをしてたので結構割安だったけど、きっと型落ちでしょう。と思って調べたら今も売ってる家庭用ミシンではかなりのハイスペック品でした。定価19万8000円。まじかい。  

image

というわけで、我が家にハイスペックミシンが来たのでした。
高速縫いしても全然ガタつかないし、改造品も適当に縫ってもきれいに仕上がりました。

これだけで終わっちゃミシンが泣くので、前から作ってみたかったオリジナル自転車用品を作ってみようと思ってます。自転車女子の増加をうけてだいぶカラフルなものは増えたけど、まだまだ地味な柄が多いよね。単色フレームに小物でアクセント加えるってのがもっとやりやすくなってもいいと思うんだ。
ま、ないなら作りましょうの精神でハンドメイドいたします。