てづくりデザイン|オリジナルロゴ作成、名刺デザイン作成、個人で事業を始めたい方へ

個人で事業を始めたい方のオリジナルロゴ作成、名刺デザイン作成、コンセプト立案をサポートしています。

デザイン雑談

適性のある作品を見つけよう

投稿日:

最近流行りのハンドメイド。ハンドメイドし始めたらきっとだれもがぶつかる壁、「方向性」。

大概の小物、アクセサリーは手作りでできるんです。だからいろんなものが作りたくなってジャンル問わずどんんどん作ってしまう。結果、何専門なの??っという話に陥りがち。

ハンドメイドは材料の仕入れからやるので、いろんなジャンル=いろんな材料が必要になり、1個の製品を作るため必要な材料が多すぎます。結果、在庫が溜まるだけでなく未処理の材料もたまって首が回らなくなる。

ハンドメイド初級者は、これに陥りがちらしい。

たしかに「自転車グッズ」という方向性はあるけど、モノ単位で見たらジャンルが幅広すぎてまとまりがないといわれればたしかに。 同じくらいの時期からハンドメイド作家を始めた義妹「通称:嫁ちゃん」も同じ悩みを抱えてないかしら。相談してみた。

 

販売方法によって作品の揃え方を変える

私は基本ネット販売ですが、嫁ちゃん(義妹)は店頭で委託販売しています。

嫁ちゃんはベビーグッズを中心にアクセサリなんかを作っています。店頭で販売するので、他の作家さんの作品もたくさんあり作品のカテゴリがバラバラでもそんなに違和感ありません。が、ネット販売として自分の作品を並べるとばらばら感が目立っちゃいますね。販売方法によってもカテゴリの絞り方にポイントがあるかもしれません。

たしかに、自分がネットでモノを買うときのことを思い出すと、目的のモノが決まってる場合「キーワード」から検索してその専門店から買いたいと思っていることがわかります。逆に店頭で探すときはある程度コンセプトの方向性が決まった範囲の中で、自分がいいなと思うものを発掘しています。たぶん他の人も大体同じだろうと思います。

また、ネット販売と店頭販売の違う点は他にもありました。
嫁ちゃんと話して思った大きな気づきが以下のこと。

その販売方法自分に向いている?

同じものを作り続けること、これって実際に作ってみるとこれがしんどい。店頭で委託販売するなんてことになれば店なので1種類につき10~30個くらい作らなきゃいけないということ。これがしんどいと思うか思わないかでいくつくらい同じものを販売し続けられるかが分かります。嫁ちゃん(義妹)みたいに10~30個くらい余裕!という人は委託販売できるだろうし、せいぜい3~5個くらいかしら、というひとはハンドメイドサイトでコツコツ売る方法があってるかもしれません。私みたいに1点集中型だとハンドメイドサイトで販売するというよりオーダーメイド受注制作を請け負うタイプだろうと思います。

たしかに形が決まっているものを忠実に作り上げるのが得意な人と、インスピレーションをどんどん新しい形にしていきたい人では向き不向きがでてくるのは当然ですね。だったら、まずは「自分の一番好きな作業」が何なのかを探して、それが生かせる作品作りを模索していくのがいいかなと思っています。

適性のある作品を見つけよう

ハンドメイドは副業の前に趣味である方が、いろんな意味で良いように思います。となると、自分が作りつづけてワクワクドキドキできるモノ、達成感のあるモノが適性のある作品カテゴリだといえるんじゃないでしょうか。

そういう意味では、私の場合「デザイン」そのものが適性のある作品なのかもしれません。デザインも、自分の中にあるものをどんどん出していくものもありますが、私の場合は相手(何か)の良さを引きだすためのデザインにワクワクや達成感があります。

デザインそのものを、どう提供していくか。それをこれから模索したいと思います。

ご利用案内

1

こちらには当サイトのコンテンツをご案内しています。 皆様へのメッセージ、てづくりデザインからのお知らせ、デザイン実績紹介、ロゴデザイン依頼に関するご案内、運営ショップの紹介などをメニューにまとめていま ...

2

てづくりデザインは、 ハンドメイドで作品を作って売ってみたい、独立して個人でお店を始めたい、起業して新しいサービスを始めたいなど、新しい何かを始める人を応援するデザイン屋です。 オリジナルロゴ作成のご ...

-デザイン雑談

Copyright© てづくりデザイン|オリジナルロゴ作成、名刺デザイン作成、個人で事業を始めたい方へ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.