デザインの本当の役割は


なんだか、とんでもない思い違いをしていたのでメモします。

デザインとは何なのか、というのをカンブリア宮殿をみていて考えてしまいました。デザインっていうのはあくまで橋渡し役であって、決してカッコつけた服を作る人ではないんですよね。そうなんですよね。

そんなことは、本業でやってるんだから分かってたはずなんだけども、改めて思い知らされたって感じ。だから、可能であればデザインは自社でやるのが一番だし、開発に近い人がやるのが一番なんだよね。背景を一番知ってるからその思いを込められる。 

デザインは表舞台の役者じゃなくてむしろ舞台裏、黒子の存在。

本業では商品開発からデザインまでをデザインまで担当しているので、ごく当たり前のことで何にも感じていなかったけど、改めてこの状況に感謝しなきゃいけないなと。だって今一番おもしろいところに置かせてもらってるんだもの。

デザイン組むのが楽しいから、ここんとこ本業以外でもデザインの依頼をもらえないかなーと画策していたのだけど、デザイン○○円でやりますっていうこと自体がそもそも間違っているというか、失礼な気がした訳です。見かけだけのデザインなんて、誰も愛着湧きません。

そんなこんなで、縁のあった仲介先から暖かくも厳しい意見をもらい、カンブリア宮殿をみてガツンとやられ、本業に感謝できたわけです。なんともアリガタイ機会で大変勉強になりました。いろいろと勢いで投資した部分は授業料ということで。別に終わったわけじゃないので、ライフワークとして、まだまだチャレンジしてみます。

いろいろ動いてみると感じるものも変わりますね。