メールと音声で学ぶ「ひとり起業のはじめかた講座」>>click!

開業するにはどんな手続をすればいいんでしょうか?

目次

相談内容

これから開業を考えているんですが、開業するにはどんな手続が必要ですか?

まだ具体的なイメージもついていないのですが今年か来年には事業スタートしたいと思っています。

起業ママ

なにやるかだけ知って安心しておきたいです

相談者様の状況
  1. 開業届はまだ出していない
  2. いつ開業するかまだ決めていないけど、近々開業したい
  3. 事業をやりたい、ということだけでそれ以外はわからないことばっかり

個人事業では「開業届」の提出は必須ではない

先ず大前提の話ですが、個人事業を開業する=開業届が必須ということではありません。

起業ママ

え?絶対出さないとダメってことじゃないんですか?

もやこ

開業届は出すほうが優遇を受けられます。ただ提出必須ではないってこと。これ覚えておくと少し気が楽になるかもです。

開業届を出さなくても違反や罰則適用にはなりません。

ただ利益や売上が上がっても申告しなくていいってことにはならないので、一定額以上上がったら雑所得として確定申告が必要です。

起業ママ

事業はじめるなら開業届が必須だと思っていました

開業届を出すとできるようになること

開業届を出すと以下のようなことができるようになります。

  1. 利益から最大65万円まで非課税にする申請ができる(しないと20万以上は課税対象)
  2. 雇用されていなくても自営業として仕事をしている=就労と申請が出せるようになる
  3. 屋号入りの銀行口座や事業用のクレジットカードが作れるようになる
  4. 事業者として様々な事業支援を受けられる(開業支援補助金・持続化補助金など)

特に事業者として税金関係で控除(こうじょ)=税金対象になる利益金額を減らすことができるのが節税になり開業届を出す強みです。

その他に、会社に勤めていなくても就労として申告ができるようになったり、屋号名のはいった銀行口座や事業用のクレジットカード(ビジネスカード)の作成ができるようになります。

起業ママ

開業届出せば仕事してるって就労証明書けるから保育園に預けたりもできるようになるってことですね

それぞれの優遇を受けるためには、別途申請手続きが必要です。

青色申告控除申請や起業支援補助金などは代表的な一例です。

読んでおきたい確定申告FAQ

目次
閉じる