メールと音声で学ぶ「ひとり起業のはじめかた講座」>>click!

経費はオイル1滴の原価まで計算したほうがいいですか?

目次

相談内容

去年からアロマテラピーの事業をしています。

これまで起業したことも、経理をやったこともないのですが、経費は1回あたりの経費をだしたりしたほうがいいんでしょうか?

どこまで細かくやればいいかわかりません。

起業ママ

1回あたりのオイルの金額を出そうと思っていましたが、本当にあってるのかわかりません

相談者様の状況
  1. 開業届を出している(個人事業主)
  2. 青色申告控除申請もしている
  3. サービス内容はアロマテラピー
  4. テラピーで使うオイルをどう経費に上げたらいいかわからない

【回答】オイルは消耗品=ボトル単位で購入金額を消耗品で計上しましょう

もやこ

アロマオイルはサービスに必要な消耗品なので、ボトルの購入金額=消耗品として購入した日を基準に計上しましょう

起業ママ

じゃあ1回のセラピーでオイル何滴使うか、それがいくらかかるのか数えなくていいんですね

もやこ

数えなくても大丈夫です!(笑)
1回あたりに使うイオルを計算するのは原価=利益額だしたいということですよね?原価計算と経費は別物なので切り分けて考えましょう

起業ママ

原価・・・あ、経費とは違うんですね

もやこ

そういうことです。
確定申告=経理では、その年にいくら出費(経費)がかかり、いくら売り上げたかということを考えます。1回あたりがどうなのか、というのは経営分析になるので確定申告とは別で大丈夫です

購入したアイテム=そのまま売る商品でなければ消耗品=経費でOK

アロマオイルや脱毛機のヘッドなど、高価だけどそのまま誰かに売らないのであれば消耗品として計上できます。

まとめ買いしていて未開封ですぐ使わないものであってもサービスに必要な消耗品であれば消耗品として計上してOKです。

また、交換パーツなど10万円以上する高価なアイテムも機器のメンテナンス・維持に必要なものであれば修繕費として一括計上できます。

青色申告控除の義務として収支の内訳(帳簿)が必要ですが、経理処理にすごく時間をかけてしまうのはもったいないですし、毎年確定申告のたびに2月の業務がストップしていたら売上だって伸びません。

もやこ

もっと気楽に考えて楽できる方法を考えましょう

読んでおきたい確定申告FAQ

目次
閉じる