メールと音声で学ぶ「ひとり起業のはじめかた講座」>>click!

お客さんからの代金は現金払いでOK?銀行振込・カード・ペイ決済がいい?

目次

相談内容

お客さんからの代金をもらう時に、現金で受け取るのと、銀行振込やキャッシュレス決済で受け取るのとどれがいいでしょうか?

現金のほうが気軽に支払いできると思うのですが、売上の帳簿付けとかが難しそうだなと思ったりしています・・・

起業ママ

でもキャッシュレス決済の導入も難しそうだし・・・

相談者様の状況
  1. 開業届を出している
  2. 青色申告控除申請もしている
  3. 個人事業主
  4. 対面サービス(サロン)運営

現金でも振込でもOK!ただ現金やり取りは記録がめんどうなので△

事業の会計上(税務上)は現金で代金を受けとっても、銀行振込やクレジットカード払い、〇〇ペイなどキャッシュレス決済で受け取ってもどれでもOKです。

ただ経験上、現金受渡し以外の方法でやり取りするほうが会計作業も簡単だし、税務署に聞かれたときの説明も楽。

なのでウチではどうしてもって時以外は銀行やカード決済を通して支払いしてもらっています。

現金やり取りは「あと(記録)」が残らない

支払いの話でも出ましたが、現金で支払うと電子的な履歴が残りません。

なので、いつどこで何を買ったのかもわからないので、税務署としては管理が見えにくいという欠点があります。

もちろんちゃんと帳簿(収支の内訳)を残せば問題なく、ちゃんとやればなにか言われることもないです。

ただ現金やり取りは自動で「あと(記録)」が残らないため、経理ツールと自動で同期することができず、結果自分で1件1件記録を残さないといけません。

もやこ

手動で記録するとどうしても経費計上の手間が増える=仕事がふえますので、ここをどう考えるかです

銀行振込でもいいので、現金手渡しでなくせば同期だけで情報取得できるので作業が楽に・正確になります。

ただパン教室や対面セラピーなどその都度支払いするような事業をしていて、銀行振込が難しいサービスだと売上の集計をどうやれば楽にできるか分からなくて困っているって人も多いのでは。

仕入れはクレジットカードを使って自動集計できているけど、売上は予算もないしシステムを入れられないから泣く泣く現金でもらって帳簿をつけている・・・って人も多いかもですね。

もやこ

そういうときにはStripe(ストライプ)を使ってみると良いですよ。

Stripe(ストライプ)はPaypalのような決済サービスなんですが、会員登録(アカウント開設)せずにその場でクレジットカード番号を入れて決済ができ、クレカ情報もストライプ側で処理されるので情報漏えいの心配がないシステムです。

起業ママ

ストライプ?・・・えっと、導入にいくらかかるんですか?

もやこ

Stripeは無料で使えますよ。売上入ったら手数料で3~4%が取られますが、固定の利用料などはありません。

これまでオンライン事業者を中心にPaypal(ペイパル)という決済システムの利用が主流でしたが、PayPalの欠点は「アカウント開設が必要」なことでした。

ですが最近でてきたStripe(ストライプ)という決済システムでは、アカウント登録不要でその場でクレジットカード・Apple Payなどが使えるためオンライン決済に馴染みのないお客さんでも支払いがしやすいメリットがあります。

しかもWordpressで作ったホームページなら、HP内に無料で簡単に決済ページが作れるのでかなり便利なのです。

もやこ

Stripeもfreeeに自動同期できるので、売上も自動で計上されるので集計の手間をかなり省けますし間違いや抜けがなくてたすかりますよ!

うちでホームページ制作依頼いただいた方にはStripeの導入&設置+使い方レクチャーも可能なのでお気軽にご相談ください^^

読んでおきたい確定申告FAQ

目次
閉じる